最近の記事

『誘惑のマーメイド』

マーメイド 人魚

 

なんでも「Yes」で応える男がいた。

 

極端にヒドイことでなければ

何を頼まれても、何を言われても

どんなことを指示されても

答えは、いつも同じ「Yes」だった。

 

その男は、そう答えることで

自分の道が開けると信じていたのだ。

 

確かに、そのかげで

やったことのないことに挑戦することや

知らない分野を知ることができたし

どんどん世界や知識が広がっていった。

 

ほとんど断ることがないので

みんなから頼りにされ人気もあった。

 

そのうち頼まれごとは

どんどん、度を増していったが

それでも、男の返事は変わらなかった。

 

なんにでも、挑戦するといえば聞こえはいいが

そこに男の意思はなく

流れてきたものに乗っただけで

ただ単に流されているだけのような行為だ。

 

小さな小川は、やがて大河となり

流れも激しくなり

流れに流され、流れ着いた先は大海原だった。

 

時代の波に乗り成功したかのように見えたが

錨(怒り)を降ろす

石(意思)さえ持ち合わせていない男は

「Yes」という波に乗り続け

愛しい妻子を陸に残し漂流し、

遭難してしまったのだ。

 

自分が遭難したことに気付かない男は

水平線に沈む夕日を眺め、その美しさに感嘆し

満点の星空を見ては、幸せを感じていた。

海を渡る風や青空を飛ぶ鳥に

何事にも囚われない自由さを見てた。

 

前向きな男は、家族や街のみんなが

自分のことを心配しているなどと

つゆほども思うこともなく

この危機的状況でさえも楽しんでいた。

 

ある時、海の波間から

一人の女性が、ヒョコッと顔を出し

壊れそうな男の乗り物を、ゆらゆらと揺らした。

 

潜るときの海面を打つ優美な尾ひれを見て

マーメイドだとわかった。

 

尾ひれ

 

いたずら好きの無邪気なマーメイドは

その後も度々やって来ては、

男に貝や魚・海藻といった海の幸・食料を与えた。

 

時に、自分が身につけていた

真珠やサンゴでできたアクセサリーを

男にプレゼントすることもあった。

 

お腹をすかせていた男は

今まで食べたことのない美味しい海の幸を堪能し

見たこともない麗しい海の宝飾に目を輝かせた。

 

これは、自分が「Yes」で応えて来たから

こんな奇跡のような機会に恵まれたのだと思い

自分は正しかった、と

今までの自分を褒めたのだった。

 

そして、壊れそうな乗り物で

波に乗り流されているだけで

マーメイドが美味しい食料と

宝物を運んで来てくれる。

男は、この環境にしがみつき

大切な妻子のことを忘れマーメイドに夢中になった。

 

男は、陸の世界の話をし

マーメイドは、海の世界の話をした。

 

お互いに住んでいる世界のことや

これまで歩んできた身の上話など

時間を忘れ永遠と語り合ったのだ。

 

男は、海という異次元の世界の話を聞くたび

そんな世界があるのか!!と大いに刺激を受けたし

マーメイドの不遇な人生を聞き

なんと健気で頑張り屋なんだ、と心を寄せた。

 

マーメイドの歌には、不思議な力があった。

男は、その魔法のような現象を

幾度となく目の当たりにし

ますます興味を駆り立てられた。

 

やがて、マーメイドは

「あなたにも、できるわよ」と

不思議な力で、物を操る術を男に教えはじめた。

 

男にも、その力が使えるようになった頃

マーメイドは、男の首に手を回し耳元で

吐息交じりに優しく

「こっちの世界は楽しいよ、一緒に行こうよ」と

囁いた。

 

海の中は、空よりも青くキレイで

イルカやクジラ、クマノミ、イソギンチャク

色んな種類の魚たちがいて

みんな仲間と毎日楽しく過ごしている。

 

好奇心旺盛な男にとって

海の中は、興味深い異次元の世界だった。

 

その世界を覗いて見たいと思った。

自分でも海中で暮らせるんじゃないか

マーメイドといれば、自分が持っている

隠れた力や能力が開花するに違いないと

信じて疑わなかった。

 

時々、男の乗り物に鳥たちがやってきて

「あのマーメイドには、気をつけたほうがいい」、

「近づかないほうがいい」、

「自分でオールを漕ぎ、陸に戻るんだ」と忠告したが

マーメイドに、すっかり陶酔していた男は

「君たちに、彼女の何がわかるんだ」と声を荒らげた。

 

空高い上空から、全体を俯瞰的に見ていた

鳥たちの声は、男には一切届かなかったのだ。

 

そして、陸(地)に足が着いていない男は

マーメイドに言われるがまま

次元の違う世界(海中)に飛び込んだ。

 

海の藻屑 泡

 

自分がいた陸の世界を忘れ

かけがえのない妻子を忘れ

街の人々のことを忘れ

鳥の声を無視し

自分を勘違いし本当の自分を見失った男は

自分が持つ運と知識、情報、知恵、経験、我欲に溺れ

海の藻屑と消えた。

 

そして、戯れ好きなマーメイドは言う

「あなたに飽きたから、別の男を探すわ」。

 

 

<あわせて読みたい関連記事>

『艫綱(ともづな)を解くとき』

『水流の葛藤』

『すれ違うifの交差点 〜時間もどし〜』

『アゲハの糸』

『あなたの笑顔がみたいから』

「木を植えた男」に救われる日

 

『艫綱(ともづな)を解くとき』

船 シップ

 

人生という 大海原で 迷う時

疲れ果てた その体と 思考は

誰かに すがりたくなる かもしれない

 

自分の 船のオール は

自分で 漕ぐもの

 

自分を なんとかするのは 自分自身でしかない

他の誰でも ない

 

判断力が低下した その隙間に 忍び込む者に

自分のオールを 預けてはいけない

 

舵をとるのは 自分であり

他の誰か ではない

 

誰かの 意見や経験は 参考になるかもしれない

けれど

 

信じるのは 自分自身の感覚

自分の 感情は

自分の 体は

何を感じ どう反応したか

 

それは 自分自身からの メッセージ

 

自分自身の反応を

ほんのわずかな その違和感を

見逃してはいけない

 

自分の 人生は

誰かに 何とかしてもらうものでは ない

 

誰かの 言葉や気持ちは 支えになるかもしれない

けれど

 

何が どうであれ 最後の最後に

自分を助け 支えるのは 自分自身だ

 

弱った心に 入り込む者に

自分のオールを 預けてはいけない

 

自分の人生を 歩けるのは 自分だけ

他の誰も 自分の人生を

歩くことはできないのだから

 

自分を 生きるとは

自分の 感覚を信じ

自分の 手で

自分の 足で 歩いて行くもの

 

 

<合わせて読みたい関連記事>

文章にエネルギーが宿るとき

「言葉は呪文」

「この道」

春分の宇宙元年に向けて

 

↓門出という名の出航

 

春分の宇宙元年に向けて

決意

 

明日(3/21)は、『春分』。

 

新しい自分のために、

新しいステージに向けて、

今まで、手放せなかった思いを

感謝を込めて手放しました。

 

 

春分・宇宙元旦を前に、

私が、私に言った言葉。

 

『私を見くびるなよ ‼️』

 

だから、自分を信じて

大地の感覚を確かめながら

自分の歩幅で歩いてゆく。

 

 

<あわせて読みたい関連記事>

『この道』

『言葉は呪文』

文章にエネルギーが宿るとき

『風にとけた魔法』〜氷解、昇華への序章〜

『すれ違うifの交差点 〜時間もどし〜』

『この道』

天使のはしご

 

約1ヶ月前に、ある女性から

「大丈夫、あなたは歩くべき道を歩いている。

今の道は、正しいと断言できます」

そんな言葉をいただきました。

 

それを聞いて、ハッとしたのと同時に

遠い記憶が蘇りました。

 

まさか、あの時と同じ言葉を

ここで、しかもこのタイミングで

もう一度、聞くことになるなんて。。。

 

言ってくれた人も

その場所も、まったく違うのに

約7年の時を経て、私のところに再び

同じ言葉がやってきたのです。

 

この言葉は、

過去からのメッセージでもあり、

未来からのメッセージでもあります。

 

あの時も、

これで、いいのだろうか。

この方向で、いいのだろうか。

と迷っていたときでした。

 

この言葉は、

私に自信と安心を運んでくれました。

おかげで、心が決まったのです。

 

必要なとき、必要な場所で

二度も、この言葉が私のところに

やってきてくれたことに感謝します。

そして、伝えてくれた

かけがえのない人達との出会いに

感謝いたします。

 

いつも、見守ってくれている

温かい存在に感謝です。

本当に、ありがとう。

 

片岸千代子 拝

 

<あわせて読みたい関連記事>

『言葉は呪文』

文章にエネルギーが宿るとき

『風にとけた魔法』〜氷解、昇華への序章〜

『すれ違うifの交差点 〜時間もどし〜』

春分の宇宙元年に向けて

 

「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる縁起の良い日 2018年

皆さんは、一年の間に

「天赦日(てんしゃび、または、てんしゃにち)」と

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」が重なる

縁起の良い日があるのをご存知でしょうか。

富士山

「天赦日」とは

中庸を得る大吉日で、天の恩恵により

何の障害も起きない日とされ、

婚礼、開店、創業などには最良とされます。

言ってしまえば、天がすべてを赦す

最上の日で「万ずよし」とも言われます。

この日は、一年に5~6回あります。

 

「一粒万倍日」とは

一粒の種が万倍に増える吉日です。

開店、商売など何を始めるにも

良い日とされています。

ただし、人からお金や物を借りると

「苦労の種が増える」ことから凶とされます。
この日は、他の吉日と重なると

「一粒万倍日」の効果が倍増するとも

言われています。

 

2018年の「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる日は

2018年で「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる

縁起の良い日は、下記の3日になります。

 

🌟2月1日(甲子・きのえね)

🌟7月1日

🌟9月13日(大安)

 

この3日のうち、さらに

他の吉日と重なっている日があります。

 

2月1日は、十干十二支の中で

吉日とされる干支の一番初めの

「甲子(きのえね)」と重なり

9月13日は、「大安」と重なっています。

 

ということで、2018年で

一番、縁起の良い日

2月1日 と 9月13日 になります。

 

みなさんは、この吉日をどのように過ごされますか。

どうぞ、良い一日をお過ごしくださいね。

 

<あわせて読みたい関連記事>

「立春のお札」

「節分」と「立春」で開運!!

「大寒の卵」は、金運と健康運を呼ぶ縁起物!!

初夢「一富士、二鷹、三茄子」には続きがある!

商売繁盛「十日戎」

「冬至」の過ごし方

「願いを叶える」文章の書き方

星に願いを「七夕」の風習