商売繁盛「十日戎」

商売繁盛♪ 笹持ってこい♪

のお囃子が聞こえてくる季節です。

 

七福神の一人、えびす様(愛称:えべっさん)に

商売繁盛と五穀豊穣を願う

「十日戎(とおかえびす)」が始まります。

 

昔からいわれる『日本三大商人』は

大坂商人、近江商人、伊勢商人。

 

そのためなのか、商売繁盛を祈願する

『日本三大えびす神社』も

西宮神社(兵庫県西宮市)

今宮戎神社(大阪府大阪市)

京都ゑびす神社(京都府京都市)

と、なぜか3つとも西日本にあります。

 

戎 えびす様

 

神社にもよりますが、このお祭りは

1月9日:宵戎

1月10日:本戎

1月11日:残り福

の3日間行われ、西宮神社、今宮戎神社では

毎年、数百万人の参拝者で賑わいます。

 

吉兆をつけた福笹と熊手

「十日戎」では、笹や熊手に、

小判、打ち出の小槌、鯛、俵などの

吉兆をつけた縁起物を買い求めます。

 

笹(竹)は、まっすぐしなやかで

年中緑を絶やさず力強く伸びる生命力を表し

熊手は、福をかき集める縁起物として

知られています。

 

この縁起物は、

会社や仕事が大きくなって行くことを願い

年々、吉兆を増やしながら

大きくしていくと良いと言われます。

 

そのため、

商売繁盛したら笹を持って来いという意味で

商売繁盛♪ 笹持ってこい♪

と囃し立てるのだとか。

 

縁起物を持ち帰ったなら、その表が

東もしくは南に向くようにお祀りをします。

福笹 十日戎

 

「十日戎」参拝の裏技!!

えびす様は、耳が遠いという言い伝えがあるせいか

神社によっては、

願いをちゃんと聞いてもらえるように

正面だけではなく神社の裏に回って

太鼓や板を叩いて

参拝するところもあるそうです。

 

七福神、唯一の日本出身の「えびす」様

七福神の七柱のほとんどは、インド、中国から

渡来してきた神様です。

その中で、唯一日本の神様がえびす様です。

七福神

 

恵比寿(えびす):日本

右手に竿、左に鯛をかかえる商売繁盛、

大漁追福、五穀豊穣の神様

戎、夷、恵美須など、えびす様の漢字は様々です。

 

大黒天(だいこくてん):インド

大きな袋と打ち出の小槌をもつ

食物・材福、福徳開運の神様

 

毘沙門天(びしゃもんてん):インド

右手に宝棒、左手に宝塔、足で邪気を踏みつけている

元々は戦いの神である福徳増進の神様

 

寿老人(じゅろうじん):中国

うちわや桃、巻物をくくりつ付けた杖を持つ

延命長寿の神様

 

福禄寿(ふくろくじゅ):中国

長い頭、白いアゴひげ、大きな耳たぶを持つ

招徳人望の神様

 

弁財天(べんざいてん):インド

七福神唯一の女神。芸術・財宝・知恵の神様

 

布袋尊(ほていそん):中国

中国で実在したといわれる禅僧。大きな袋をもち

にこやかな笑顔が特徴。笑門来福、夫婦円満の神様

 

 

この七福神を巡ると

七つの難を防ぎ、七つの福を授かる

といわれています。

 

今年も、みなさなまの商売が繁盛しますように!

 

<あわせて読みたい関連記事>

初夢「一富士、二鷹、三茄子」には続きがある!

「人日の節句」と「七草粥」

身近にある「雅楽」の言葉(1)

身近にある「雅楽」の言葉(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>