知ってますか?「 」と『 』の使い方

「 」(カギ括弧)は、

会話を文章で書くときに使います。

 

これは、みなさんよくご存知ですよね。

 

では、「 」は会話文以外の用途でも

使えることをご存知でしょうか。

木の実

 

それは、こんなとき

・その言葉を強調したいとき

・どこかの文章を引用したとき

などに使います。

 

文章を読む際に、どこかで

目にしているハズなんですが。。。

 

例えば

強調したい場合

「ビタミン」が豊富なフルーツは

イチゴ、グレープフルーツ、オレンジ

などです。

というように、ビタミンを

強調するために「 」を使います。

 

引用した場合

○○研究所が、昨年10月の△△議会で

発表した研究データによると

「30人に5人の割合で・・・の症状が

確認され、そのうち2人は・・・にある」

という結果がでている。

というように、引用部分を「 」で

括って表示します。

ブルーベリー

 

では、『 』(二重カギ括弧)は

どんな時に使うかご存知ですか?

 

中には、使わない、もしくは

使ったことがない、という方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

『 』(二重カギ括弧)は、

・  書籍名、雑誌名、曲名といった作品を

記載するとき

・  会話の中で誰かがしゃべった言葉を

書くとき

に使います。

 

例えば

書籍名などの場合

彼が読んでいるのは、

森鴎外の『舞姫』だよ。

というように、書籍のタイトルを

『 』で括ります。

 

会話文の中で、

他の誰の会話を書く場合

私は、緑の方を進めたんだけど

彼は「俺は、赤がいいんだ!だって

先生が『○○さんは、赤が似合うわ』

って言ったから」って言うの。

というように、会話文の中の

会話を『 』で括ります。

 

 

みなさんも、用途に応じて

「 」(カギ括弧)と

『 』(二重カギ括弧)を使い分けると

読みやすく、わかりやすくなるので

ぜひ、やってみてくださいね。

 

<あわせて読みたい関連記事>

意外と知らない「、」と「・」の使い方 はコチラ

読点「、」の打つ位置で意味が変わる はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>