説明文ではなく、提案を!

メルマガ、ブログ、Facebookなどを

自分、または自社で扱っている商品や

サービスに関する情報の発信ツールとして

活用しているケースって多いですよね。

 

でも、受け取った情報をみて、ときどき

少し残念に思うことがあります。

ハチミツ

 

例えば

<商品がハチミツだった場合>

ハチミツには、22種類のアミノ酸や

ミネラル、ビタミンB、ビタミンC、

酵素、ポリフェノール、コリン、

パントテン酸など、たくさんの栄養素が

含まれています。

 

当社独自の厳しい審査基準を満たした

国産のハチミツだけを扱っています。

 

みなさんは、この文章を読んで

どんな風に感じましたか?

 

たぶん、「そうなんだ〜」ぐらいにしか

感じなかったのではないでしょうか。

 

 

では、この文章はどうでしょう。

行楽シーズンのバーベキューや

忘年会など、アルコールが

美味しく感じる季節。

 

でも、お酒の量が増えると

肝臓の働きが心配になることも。。。

 

そんなときは、ハチミツが効果的です!

 

ハチミツには、コリンやパントテン酸といった

肝臓を強化する栄養素が入っているため

二日酔いの防止や解消に最適です。

 

また、女性にとっては

紫外線による肌のダメージが

気になる季節でもありますよね。

 

そんなときも、やはりハチミツです!

 

その理由は、綺麗な肌作りに欠かせない

22種類のアミノ酸やミネラル、

ビタミンB、ビタミンC、ポリフェノールなどが

豊富に含まれているから!

 

また、ピーリング効果もあるので

肌に塗ると古い角質を落とし、

強力な保湿効果で、

しっとり、つるつる肌にしてくれます。

 

いかがでしょう。

 

最初の文章と、あとの文章では

同じ商品でも感じ方が違ったのでは

ないでしょうか。

花が咲くガーデンテラス

 

では、何が、どう違ったのか解説しますね。

最初の文章は、

商品の栄養素に焦点を当てています。

要するに、スペックに関する説明文

ということです。

 

あとの文章は、

その商品の使い方について書いています。

これは、商品を使った提案

重点をおいています。

 

分かりやすく言うと

電化製品でも、車でも、何でもいいのですが

お店に行って、店員さんが

その商品のスペックの説明ばかりを

していたら、みなさんはその商品を

買おうと思うか、どうかなのです。

 

この電化製品は、電圧が○○までいけます。

充電は、○○製のシステムを使っていて・・・。

 

とか、

 

この車のエンジンは、○○製で馬力が○○で、

使っている素材は、○○です。

 

という説明をしているイメージです。

 

確かに、こういった説明も必要ですが

買い手は、スペック云々の前に

その商品やサービスで何ができるのか、

それを使うことで、自分にどんな

メリットがあるのかが、知りたいのです。

 

 

情報発信をする際には

スペックの話しよりも

その商品やサービスを使って何ができるのか

という提案をすることが大切です!

 

みなさんの文章は、提案できていますか。

 

<あわせて読みたい関連記事>

隠し事のある文章をあばく! はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>